私にとって、「習い事」という言葉では物足りないくらい、大切だったものが、エレクトーン(電子オルガン)を習っていたことです。小学1年生の終わりから始めて、途中休んだこともありましたが、20年間続けました。 たまたま、親戚の方が使わなくなったということで、エレクトーンを下さったのです。そこで、習うことになりました。 元々習い事は、色々とさせたいと思っていた親だったので、もしこの時エレクトーンが我家に来なかったら、ピアノでも習っていたのでしょうか。 今でも、ピアノをやらせてくれていれば、と思うことはあります。やはり、すべての基本ですから、どこへ行っても役に立ちますし、音楽の基礎からちゃんと勉強できたと思うのです。 エレクトーンはどこにでもあるものでないので、披露する場所も限られるのも、寂しい所でした。 でも、私はエレクトーンが大好きでした。一日に何時間でも練習していられました。前に座って、音を出しているだけで幸せでした。 エレクトーンでなければ、得られないものもたくさんあったと思います。 ただ、もし、子供に鍵盤ものを習わせるなら、ピアノをやりなさいと言うでしょう。 大好きだけど、複雑な気持ちをずっと抱えてここまできた私です。